AWARDS

1)土木学会デザイン賞奨励賞(2010)「由布院・湯の坪街道潤いのある町並みの再生」

【審査講評】(土木学会デザイン賞HPより引用)

まちなみをいいものにしてゆくためのプロセスのデザインをどう評価するか。これが本作品によってデザイン賞選考委員会に与えられた課題である。しかも、そのプロセスのデザインは、具体的に道路や建築物をつくることによってまちなみを整備してゆくプロセスでもない。外部資本が入り込んで無秩序になってしまったまちなみの景観を「地区住民主体で景観に関するルールを策定し、多様性を尊重しながら緩やかに景観コントロールを行ってゆく」というプロセスのデザインである。ルールの策定も運用も、行政によるトップダウンではなく、行政と住民が協働で取り組むということで、「地域で話し合って決める」という共同体意識の尊重のもとで行うということであり、プロセスデザインのなかに共同体の再構築といった困難な課題に果敢に取り組む事業である。こうした取り組みを評価する枠組みや方法自体も今後考えなければならない課題である。その意味でデザインの領域に新たな方向性を提案する事業である。(桑子)


2)K-ADC AWARD 入選(2014)「佐賀県景観読本(入門編)【景観コトはじめ】」


3)グッドデザイン賞(2015)「西鉄柳川駅」

【審査講評】(グッドデザイン賞HPより引用)

駅がどんどん変わっていく。20世紀においては、都心にも地方にも一律に「駅ビル」と称された画一的なデザインが適用されていたが、最近では都会ではTOD(Transit Oriented Development:. 公共交通指向型都市開発)や駅ナカが、地方都市でもその地の特性に合わせた丁寧な駅づくりがなされ、好感が持てる。この西鉄柳川駅も同様、駅を「みんなの居場所」へと転換することを目指したプロジェクトである。駅に不可欠な階段を上手に用いたデザインで、ほかの公共施設では見られない空間が形成されている。


4)都市景観大賞景観まちづくり活動・教育部門大賞(国土交通大臣賞)(2015)「西鉄柳川駅」

【審査講評】(都市景観大賞HPより引用)

駅を含む整備には鉄道会社をはじめ多くの主体が絡むため、そのマネジメントだけでも大変な困難を伴う。検討組織を作り上げた上で市民との協働をこれだけ充実させたことについて、関係者に敬意を表したい。特にこれまでまちづくりに関わっていなかった若手や子供たちに参加の輪を広げたことは、担い手が固定しがちな市民参加において特筆すべきことである。利活用市民ワークショップは多くの市民を巻き込んできめ細かやかに発展・展開し、プロのデザイナーと市民の協働によりクオリティの高さと手作り感が共存した空間が実現している。現地審査でお会いした方全員の顔にプロジェクトに対する自信と誇りが満ちあふれており、このプロジェクトが人の心に与えた効果を如実に現していた。本プロジェクトの実施によって、まちの構造・空間の問題が解決されたのみならず、地域を担う人材のネットワークが新たに形成されている。これまで地域に関わることが少なかった父親の役割や存在感が増し、子供たちがそこに関わることで、次世代の種もまかれている。これは景観まちづくりがめざす理想型のひとつであるといえよう。駅前利活用など次の取り組みも始まっているという。今後の息の長い活動と展開を期待したい。(福井)


5)由布市市政功労者表彰(地域振興功労)(2015)「総合まちづくりアドバイザーとしての一連の活動」


6)日本都市計画学会九州支部九州まちづくり賞(2016)「西鉄柳川駅」


7)日本都市計画学会九州支部九州まちづくり賞(2016)「五島列島・久賀島における官民協働のまちづくり」


8)土木学会 第12回景観・デザイン研究発表会 優秀講演賞(2016.12)「長崎市景観専門監の仕組みと成果 ーインハウス・スーパーバイザーのモデル的取り組みー」